お勉強

投資で使える分析方法を具体例を交えて紹介!

投資で使える分析方法を取り上げてご紹介します。

投資の世界では世界情勢や経済など国内外の状況や環境によっても株価は変動します。そこでプロの投資家たちはあらゆる分析法を使い、日々取引を行っています。

株式投資では主にファンダメンタルズ分析やテクニカル分析、ヒストリー分析などが利用されています。

しかし大まかな分析法を聞いても把握するのに大変苦労することもあります。分析方法に具体例を交えて解説しましょう。

投資でなぜ分析が必要なのか?


投資は博打やギャンブルではないために確実性が問われます。

株式投資以外の投資でも様々な分析方法が存在し、日々投資家たちが値動きを把握しています。特に株取引においては1週間のうち、平日5日間のみ行えるため事前に次週の準備をしておくことが大切です。

投資家は必ず、優良株を格安で購入したがります。

でも投資初心者の場合は格安で魅力ある優良株を見つけ出すことや探す方法を知りません。

そこで優良株を見つけ出すために分析が必要になります。あらゆる分析を行い、優良株を見つけ出し、売買のタイミングさえ把握できれば利益は自然と得られます。

優良株は企業実績や業績予想から判断することができます。また過去の優良株の株価や値動きのパターンを把握しておけば、今後の優良株の動向を予測することが可能です。

投資で使える分析方法とは?


投資で使える分析方法は大きく分けて4つ存在します。

    ・ファンダメンタルズ分析

    主に企業の財政状態や経営成績、成長性を分析する方法です。
    優良株の基本的な情報を元に分析を行います。

    ・テクニカル分析

    主に過去の優良株価の推移から未来の株価の値動きを把握する分析方法です。

    そのため株価の値動きのパターンを見つけ出し、読み切ることが求められます。

    ・トレンド分析

    ボリンジャーバンドとも呼ばれ、統計学に基づいた分析方法です。
    移動平均線を中心に標準偏差をチャートに重ね分析を行います。

    ・ヒストリー分析

    過去の株価の値動きからどんな局面や状況、タイミングで値幅はどれぐらいなどの記憶から分析を行います。
    常に歴史は繰り返される考え方から来ています。

これらの代表的な分析方法を使い、今までの優良株の値動きを把握していきます。

具体例を紹介!


投資で用いる様々な分析方法を具体例を交えてご紹介していきましょう。

    ファンダメンタルズ分析は企業の基本的な情報を分析する方法です。

    この考え方は現在の株価が本来あるべき株価になることを想定しています。その為に株価を図る指数を元に判断されます。

    代表的な指数には以下のものが挙げられます。

      ・PER(株価収益率)

      株価が一株あたり利益の何倍かを表しています。一般的には指数が高いほど割高、低いほど割安になります。

      ・PBR(株価純資産倍率)

      株価を一株あたり純資産額で割って表します。一般的にPER同様、指数が高いほど割高、低いほど割安になります。

      ・EPS(1株あたりの純利益)

      企業が1年間に1株あたりどれくらい利益を出したかを表しています。一般的には指数が高いほど割高、低いほど割安になります。

      ・BPS(1株あたりの純資産)

      企業が発行する株式総数に対しどれだけの純資産があるかを表しています。この指数は高ければ高いほど安定性が高くなります。

      ・ROE(株主資本利益率)

      自己資本比率とも呼ばれ総資産のうち、どの程度が自己資本でまかなえているかを表しています。

      ・DCF

      収益資産の価値を評価する方法です。株式などの価値を算出するときに用いられる方法です。

    などが分析方法に使用されています。これらの指数を元に現在の株価を見極めていきます。

    テクニカル分析は過去の株価から未来の株価を予測するために用いられる分析です。

    その為に株価の値動きのパターンが存在します。

    例えば、優良株価が値上がり傾向にある状況で今後さらなる値上げもしくは値下げになるなど株価の方向性を掴むことができます。その為にチャート分析やコンピューターの計算が利用されています。

      ・グランビルの法則

      株価と移動平均線の組み合わせの位置により売買のタイミングを掴む方法です。

      ・ストキャスティクス

      株価の売れすぎや買いすぎを把握できる指数です。

      ・ボリンジャーバンド

      移動平均線を中心に標準偏差を重ね分析を行います。5つの補助線で表示され上下の一番外側の補助線内に95%の確率で終値が入るとされています。

    その他に利用されている分析法としては、以下が挙げられます。

      ・DMI(方向性指数)

      ・モメンタム

      ・RSI(相対性指数)

これらの分析方法を用いることによって、投資をよりやりやすくすることが出来ます。

まとめ

投資で使える分析方法は数多く存在しています。投資スタイルや目的にあわせ、一番分かりやすい分析方法を選んでみましょう。

投資初心者からプロの投資家になるために日々、あらゆる分析方法を使い、優良株を格安に入手することで大きな利益につながります。

投資で分析方法にこだわりすぎないように投資家の心理的な面も重要視することが大切です。

LINE友達追加で、月利30%を目指せるFXの自動売買ツールを無料配布中!

☆詳細が気になる方はコチラ☆