お勉強

バイナリーオプションのメリットとデメリットとは?デメリットを軽減させる方法は?

簡単に始められる副業として、人気のバイナリーオプションですが、株やFX同様に、メリットとデメリットが存在します。

投資にメリットデメリットは付き物ですが、いったいどんなメリットデメリットが存在するのかを分かりやすく、解説していきたいと思います。

メリットデメリットを理解すれば、さらに余裕の持った投資が出来るようになると思います。

バイナリーオプションのメリットとは?

バイナリーオプションには、副業としてのメリットは【どこでもできる】ことです。

Wワークをすると短時間のシフトを何本も入れたり、土日や祝日を、潰してしまい休む暇がなくなってしまいます。

精神的にも肉体的にも疲弊して、得られる金額は少額です。
しかし、バイナリーオプションは、午前7時~早朝4時までの間なら、どこでもエントリーすることができます。

そして何より、結果がすぐに分かるというのもバイナリーオプションのメリットになります。

バイナリーオプションには、会社によって異なりますが複数の投資方法が存在し、その複数の投資法の中から、自分のスタイルに合わせて、投資を行えば短時間でWワークより、大きな金額を得ることができます。

そして、一番のメリットは、入金/出金が早いことです。

アルバイトの場合、月末締め/翌月末だったり、月末締め/翌月15日など、様々ですが、バイナリーオプションに関してはその日の午前中の入金は15時には反映されたり、午前中の出金はその日のうちに口座に振り込まれたりと、とにかく早いです。(業者により異なりますが。)

入金が早ければ、その分早く投資を行い稼ぐことができますし、出金が早ければ、その日のうちに出金し、利益を獲得することができます。
これらは、自分の元手を確実に増やしていくうえで、とても大切で、大きなメリットとなります。

バイナリーオプションのデメリットとは?

まず、一番のデメリットを、紹介いたします。

バイナリーオプションでのデメリットは、どこでも出来てしまうことです。

上記のメリットで、どこでも出来ることをメリットとしてあげましたが、これは逆にこのように考えることができます【暇さえあればできる】と。

あくまでも、バイナリーオプションは投資なので、どこでも出来てしまうということは、無駄な投資を行い、損失が発生してしまう可能性が出てくると捉えることができます。
空いてる時間が、お金になるのならこれほど良いことはありません。しかし、空いている時間でやるということは、ほぼ運に頼るということになります。

まとまった時間の中で投資を行えば、冷静な判断を行い、勝率の高いポイントでエントリーすることができます。そして、確実に利益を積み重ねていくことができます。

このようなことから、どこでも出来るということがメリットでもあるがデメリットでもある理由になります。

次に、デメリットは国内業者か海外業者かによって、面倒な手続きが増えることです。

この、面倒な手続きというのは【確定申告】です。

国内業者は、確定申告の手続きを業者の中で代行してくれます。
しかし、海外業者は確定申告を代理で、行ってくれません。
そのため、確定申告を行う手間が増えてしまいます。

確定申告を行う手間を面倒だと思う場合は、国内業者を選ぶことをお勧めします。

業者によって、ペイアウト率が異なる!?

バイナリーオプションには、業者によってペイアウト率が異なります。

一回のエントリーでペイアウトが高ければ多くの配当を得ることができます。

お金を稼ぎたいから副業をしているのに、少なくていいなんてことはありませんよね。
多くもらえることに越したことはないです。そのため、ペイアウト率は、業者選択の際に確認しておきましょう。

バイナリーオプションのデメリットを軽減させる方法は?

まず、どこでも出来るという考えを捨てましょう。何度も言う様にバイナリーオプションは投資なので、どこでも手軽に行うとギャンブルの色合いが強くなってしまいます。

そのため、一日に取引を行う時間に制限を設けましょう。

一日1時間から2時間を午後20時~など、個人によっては生活リズムもあるので、細かい時間をつなげて大きな時間にするより、一度に大きな時間をまとめて取りましょう。
そうすることで集中力もあがり、一定の時間の中でエントリーを行うことで、その時間の為替市場のクセを見つけることができるようになり、勝率も上げられるようになります。

バイナリー業者に関しては、ご自身の生活スタイルに合わせていただければ良いと思います。どの業者もデモトレードシステムがあるため、業者ごとの操作方法のクセによって、選ぶとよいでしょう。

確定申告は、損益で終わっても申告することで翌年に持ち越すことができます。
前年-20万損益の場合、その-20万円を確定申告することで、翌年の非課税枠に上乗せされるので、手間ではありますが、安定するまでは海外業者を利用するのも賢い方法であると思います。

まとめ

バイナリーオプションも、業者や仕組みのよってメリット/デメリットが変わってきますが、口座開設後に後悔するより、デモ口座で実際に触ってみて選ぶのが良いでしょう。

ペイアウト率がいいからと捜査性の悪い業者を選ぶとエントリーできなかったりと、チャンスを逃すこともあります。
多少ペイアウト率が低くても簡単に操作できる業者を選択するのが良いでしょう。

メリット/デメリットを理解して取引を行えば、確実に利益を積み重ねていけるはずです。

LINE友達追加で、月利30%を目指せるFXの自動売買ツールを無料配布中!

☆詳細が気になる方はコチラ☆