お勉強

投資初心者がやりがちな失敗とは?具体例も交えて紹介!


投資初心者にはやりがちな失敗が数多く存在します。今回はそんな投資初心者がやりがちな失敗の具体例を交えてご紹介します。

株価は日々、変動を繰り返す体質があります。

必ず、成功する投資と言うのはあまり聞きません。プロの投資家でも確実に株価を予測し判断や売買の決断をすることは困難なものです。株で大きな損失を出さないように心がける習慣が大切です。

個人投資家の初心者から中級者ぐらいが失敗しやすい具体例を取り上げて解説させて頂きます。

投資初心者がやりがちな失敗とは?


投資初心者がやりがちな失敗は全部、自分の判断ミスが原因になります。

株を始めた頃は真剣に情報収集や慎重に株取引を行っていた方でも一度、大きな利益を得ると判断が鈍ります。大きな利益を得ても自信過剰にならず、着実に投資を運用するように心がけましょう。

初心者がやりがちな失敗

    ・自信過剰

    ・売買タイミングで失敗

    ・投資ルールを設けずに失敗

    ・企業や経済のニュースに飛びつき失敗

    ・アドバイスを聞いて失敗

    ・企業の騒動で失敗

上記の項目を軽視している投資初心者は多くの株取引で失敗を繰り返しています。ではどのようにこれらの失敗を起こさずに株取引を行えるか見ていきましょう。

具体例も交えて紹介!

投資初心者がやりがちな失敗に具体例を交えてご紹介します。


    ・自信過剰で失敗の具体例

    「個人投資家として家電量販店の株取引でデビューしたAさんは下目上昇トレンドの中、株の売買を繰り返し大きな利益を得ました。しかしこの時Aさんは有頂天になり自分は天才と思い始めました。そこにチャイナショックが突然引き起り株価は急落、リスクコントロールが出来ずに多額の損失を抱え込みました。」

    ・売買タイミングで失敗

    「Bの投資家は新薬会社に興味を持ち、株を購入しました。予測通り株価は急上昇しもっと株価が上がることを期待していました。その時、株価は最高値を付け後場に入りました。その直後、企業から新薬の効果がないと公表されあえなく株価は急落。最高値が付いた時点で利益確定売りをしておけば損を出さずに利益を手にすることができていました。」

    ・投資ルールを設けずに失敗

    「Cの投資家は期待を抱き、株を購入しました。しかしピークを付けた後、降下トレンドになってしまいズルズルと下がる株価をチャートで見ていました。今でも塩漬け状態のまま放置、投資ルールを設けず、損切りができなかった結果です。」

    ・企業や経済のニュースに飛びつき失敗

    「経済産業省からニュースが流れ、それを聞き付けたDさんは“国策に使う素材”ならと関連株を購入しかし株価は動き始めましたが続かずに下落トレントに突入。損切りで対処し取引終了。」

    ・アドバイスを聞いて失敗

    「友人から株を買うなら日本を代表する株でしょうとアドバイスを受け、株を購入しました。しかし株価は冴えず元本を割り込む展開になりました。また投資家のFさんはブロガーのつぶやきで株を購入、しかし株価は上昇するも続かず急落し売り損ね塩漬け状態。」

    ・企業の騒動で失敗

    「料理好きな投資家Gさんは専門サイトを運営する企業株を購入、その後、企業のお家騒動が始まり株価は急落。悔しくても売りに出せず塩漬け状態。」
    「投資家のHさんは株価が格安な銘柄を見つけ大量購入しました。しかし株式併合が実施され株価は急上昇するもその後は下落し購入時点の株価に戻ってしまいました。こんなことがあるなんて・・・」
    「投資家Iさんはスカイツリー完成後、東武鉄道株を退職金を使い購入し投資家デビュー。しかしその後、公募増資を発表し株価は下落、退職金300万円を失いました。」
    「株主優待が魅力的な株を購入、その後自己株処分が発表され株価は下落。株主優待が目的でも投資の元本割れが取り戻せないまま低迷。」

実際に失敗してしまった時の対処法は?


投資初心者が実際失敗してしまった具体例はネット上に多く掲載されています。

“明日は我が身”と思い、これらの失敗事例を勉強することが大切です。実際に自分で行っている株取引でも失敗はよくあるものです。

一つ一つ何が原因で失敗しているか自分に聞いてみましょう。

失敗の具体例は多くの投資初心者がやりがちなミスが原因です。確かな情報収集や投資ルールを守っていれば防げた失敗ばかりです。失敗した時がチャンスと考え、しっかりと今後の投資に役立たせましょう。必ず、自分の中に失敗の原因が存在しています。

まとめ

投資初心者がやりがちな失敗には知識や経験不足、自分の思惑、考え方など目に見えない行為が多く目立ちます。投資で利益を重視するばかりに失敗が発生しています。

必ず、投資を行う場合は投資ルールを設け、勝ち続けている時も負け続けている時もご自身の投資ルールを守り行動するように心がけましょう。

また、確実な投資ルールを持たない場合は作ってから投資を行うようにします。負け続けている時や失敗を繰り返す際は設けた投資ルールが正しくない可能性があります。

LINE友達追加で、月利30%を目指せるFXの自動売買ツールを無料配布中!

☆詳細が気になる方はコチラ☆