お勉強

投資で必要な資金はどれくらい?少額でも大丈夫かを調査!


投資に必要な資金はどれくらい用意すれば良いか悩む方も多いのではないでしょうか。

株式投資には株価と購入株数の関係があります。この関係は主にスーパーでもよく見かけます。例えば野菜や果物をスーパーで購入する際、1つで購入できるものと10個入りでしか購入できないものがあります。

投資の世界でも1株から購入できる金融商品から10株、100株、1000株から購入できるものと様々な金融商品が販売されています。

ではこれらの購入に必要な最低限の資金はいくらになるのでしょうか。株式投資に必要な最低限かかる購入金額を詳しく解説していきましょう。

投資で必要な資金はどれくらい?


株式投資に必要な資金はじつはとても少額になります。

読者の方もびっくりするかも知れませんが、ワンコイン(500円)から投資を行うことが可能です。株式投資には株価以外に購入株数の単位と呼ばれるものがあります。

この購入株数の単位を単元と呼び、1株~1000株の決められた単元でしか株を購入することができません。一例を取り入れて解説します。

一般的に1株が100円の場合、1,000株単位でしか株を購入できない場合は最低限1万円と売買手数料が必要になります。しかし最近では1,000単位での株の購入は投資金額に負担がかかると言う考え方が生まれ、とても少額でも株式投資を行えるようになりました。

少額投資で売買できる金融商品を「プチ株」と呼びます。このプチ株は単元未満株とも呼ばれ1,000株単位でしか売買することができない、株でも1株から購入することが可能です。

ここでまた一例に戻りプチ株の場合を解説していきます。

プチ株の場合は1株から購入することができます。株購入に最低限必要だった1万円は100円になります。

この単元未満株の最大の魅力はとても少額で投資を行えるところです。学生やアルバイト、パート、サラリーマンなど自分のお小遣いの範囲で投資をすることができます。また一般的に言われている投資に必要な資金は1万円~20万円ぐらいが目安になっています。

投資初心者の場合は一度に多額の資金を投資することはリスクが大きいと考えられています。証券会社を始め、初めて投資を行う場合は10万円を目安に資金を用意することをおすすめしています。

少額でも大丈夫なのか?


少額投資でも大丈夫なのでしょうか。

株式投資は少額投資からでも心配はありません。上述のように500円からでも株式投資を行うことが可能です。

少額投資は少ない投資資金を元に株取引を行っていきます。通常通りの単元で株を購入していない分、大きな損失を回避することができます。また単元株数で株を購入するように配当金や株主優待も得ることが可能です。

プチ株で長期的に積み増し株数を増やす方法やじっくり株を買い増していく方法があります。

この少額投資を行えるのはカブドットコム証券のみです。カブドットコム証券ではプチ株を商標登録し取り扱う金融商品も豊富です。またプチ株を積み立てるサービスもあります。毎月500円以上の積み立てをし、購入銘柄や購入日、金額を自由に設定すれば指定した銘柄を毎月買い続けてくれるサービスです。

少額投資には単元未満株のプチ株やミニ株の利用が好まれています。また各証券会社には10万円未満で取引が行える銘柄も1,000社以上存在しています。お小遣いを上手に投資に回し運用されている投資家も多いです。

少額でも大きな額は手に入るのか?


少額投資で大きな利益を得ることは難しいです。

特に株式投資では株価と購入株数の関係が非常に大きいからです。

少額投資の場合は少ない資金で投資が行えるのが最大のメリットです。

少額投資で得られる利益はかなり少なくなります。その分、投資において大きな損失は避けられます。少額投資で大きな利益を狙うには最低限10万円ぐらいの資金を準備する必要があります。

なぜ、10万円ぐらいの資金が必要なのか?それは分散投資を行うためです。

少額投資を行うと一つや二つの銘柄しか投資を行うことができません。単元未満株のため、配当や株価の値上がりも購入に合わせた額でしか受け取ることができません。しかし10万円~20万円の資金があれば様々な金融商品を購入することができます。

購入した銘柄次第で大きな株価の値上がりや配当、株主優待を1単元として得られます。少額投資にこだわらず、初期投資としては10万円前後を目標に資金を確保しておきましょう。

まとめ

株式投資は少額の資金でも問題なく、取引を行うことができます。

しかし投資にはリスクが必ず存在しています。安全で確実性が持てる投資に心がけましょう。少額投資を行うにあたり通常の投資と同様にルールを守り、確実に利益を得られるようにしてください。少額投資の場合は金額が少ないため投資運用が放置ぎみになりやすい傾向があります。

しっかりと投資スタイルの確保や計画、プランを元に行動するように努めましょう。

LINE友達追加で、月利30%を目指せるFXの自動売買ツールを無料配布中!

☆詳細が気になる方はコチラ☆