お勉強

投資で損切りをするタイミングとは?やり方も紹介!

今回は、投資で損切りをするタイミングとやり方をご紹介します。

投資の基本は主に商品を底値で買い、高値が付いたら売ることです。

この絶妙のタイミングが完璧にできる投資家はいません。投資をするときの一番、重要なタイミングが買いと売りになります。投資家が重要視するタイミングは売り場です。

投資の初心者や始めたばかりのころは、「まだ株価が上がる」「もっと儲けよう」「株価が戻るのではないか」などの心理が動いてしまいます。

ではどのように投資の損切りを見極めるか詳しく見ていきましょう。

損切りとは?

投資で株を購入する方の目的は儲けです。

ですが、株式投資を運用する中で損失が必ず発生します。この時の損失を最低限に抑えることができるのが「損切り」と言われる手法です。

損切りとは投資金額の損失を最小限に抑え、損失額を少ないうちに持ち株を売りに出すことを指します。

株式投資ではとても大切なことで損切りが上手に行えるかが、利益を得る最大のポイントでもあります。また、損切りが中々できなく損失を拡大させ投資金額がなくなり株の世界を撤退する方も数多く存在します。

世界市場や日本市場には数多くの株式が存在し日々、変動が発生します。株式市場では常に損失を出すことや利益を得ることも日常茶飯事に行われています。

    損切りの最低限のルールには以下が挙げられます。

    ・金額を決めた損切りラインを設ける

    ・パーセンテージを決めた損切りラインを設ける

    ・チャートを使った損切りラインを設ける

この上記の3つの損切りラインを設けることがとても大切なことです。

損切りはいつしたら良い?タイミングは?

株価が暴落や急落した際、どのように損切りをいつしたら良いか悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで重要になるのが損切りのタイミングになります。

人間が取る心理にはプロスペクト理論が存在します。このプロスペクト理論は人間が目の前に「損」や「得る」ことがあった場合、価値の感じ方が異なることを指します。

株価も同様に自然と人間が取る心理的な行動を抑えることが必要になります。世界同時株安や持ち株の悪材料が発生した場合、勝ち続けている場合、負け続けている場合など株取引を行う際は、必ず守るべきルールに従うことで人間が持つ感情的な判断から適切な判断を行えるようになります。

投資で株を購入する際は予期せね、環境の変化から大切な資金を守ることが求められます。

損切りのタイミングには以下が挙げられます。

損切りの最低限のルールに従い、タイミングを図ります。

    ・金額を決めた損切りラインを設ける

    金額を決めた損切りのタイミングはご自身で設けた損失限度額になります。例えば、資金を株に投資して損失が1万円発生したら持ち株を売りに出します。少額投資では見極めやすいタイミングになります。

    ・パーセンテージを決めた損切りラインを設ける

    パーセンテージを決めた損切りのタイミングは買値からご自身が決めた%下落したら持ち株を売りに出します。投資家でも一番分かりやすい損切りのタイミングになります。一般的には-5%~-7%が損切りの範囲と言われています。

    ・チャートを使った損切りラインを設ける

    チャートを使った損切りのタイミングは日頃から持ち株のチャートを見て把握できることが前提になります。この方法はテクニカル分析になり以前の(前回)の安値のチャートから下値支持線を引き(線引きなどで線を引き)下落した株価がどれぐらいか確認する方法です。

    多くの投資家は以前(前回)の安値ラインを意識しています。
    このラインを下回る株価の場合は投資家の心理的に売りが出やすくなる傾向があります。

損切りのやり方

損切りを行わないと投資金額の損失の拡大や持ち株が塩漬けになる可能性が出てきます。

また上手に資金を運用することができず、資金効率の悪化が発生します。資金効率の悪化により買える株がなくなり資産が低減していきます。

損切りのやり方は以下が挙げられます。

    ・買いと同時に損切り注文を出す

    ・損切り注文は必ず、逆指値の成り行きで売り抜ける

    ・ご自身で決めた損切りルールを守ること

上記の基本的な損切りの方法で持ち株を売り抜け、損失を最小限に抑えることができます。

まとめ

損切りを効率よく行うことで損失の拡大を防ぎ、資金運用の効率アップが図れます。

株式投資でタイミングよく売却できることが利益を上げられる分かれ道になります。適切な損切りルールに従い株式投資を行えば、株式運用に強く、勝てるようになります。

私も投資をしていく中で何度も損切りを行ってきました。
損切りをしていたおかげで必要以上の損失を防ぐtことが出来ていました。

投資で損失が発生すると中々、売るタイミングが難しくなります。心理的な感情を抑え、ある一定のルールに従い持ち株を売り抜け、次の株式相場に備えています。ご自身の投資スタイルに合わせた損切りラインとタイミングを予め決めておきましょう。

LINE友達追加で、月利30%を目指せるFXの自動売買ツールを無料配布中!

☆詳細が気になる方はコチラ☆