お勉強

相場が読めないときの対処法とは?パターンごとに紹介!

株式投資は常に銘柄の株価の相場を把握して取引を行う必要があります。

しかし相場を読むと言われても分からない方も多いのではないでしょうか。しかし株式投資には相場を読むスキルがとても重要なことです。

基本的な株価の相場を読むことができないと、自分の勝手な運任せでお金を動かすことになります。

自分の大切なお金を運任せで動かすには大変危険なことです。これから投資や資産運用を始めてみようと考える場合、簡単な株式相場の読み方を覚えておくと役立ちます。

相場が読めないときの対処法とは?

株式投資には株価を把握できるチャートが提供されています。

このチャートとは過去の株価や現在の株価を知ることができるツールです。

チャート形成は政府からの発言や経済指数、政治経済動向などの要因で株価の値を表します。株式相場が読めない時は基本に戻り、もう一度再確認をしておきましょう。

株式相場を読むためには大きく分けて二つの方法があります。

二つの方法には「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」が利用されています。

まず、ファンダメンタルズ分析とは経済指数や金融政策などにより株式相場の動きを分析する方法です。

そして、テクニカル分析は過去の株価の値動きから次の値動きを予測する方法になります。

株式相場を読むために用意されている二つの分析方法を使うことで、相場が読めなくなった原因を見つけ出すことができます。

テクニカル分析でも活用されているチャート分析とは

株価のチャートを見れば過去の株価の値動きが把握することができます。

チャートにはある一定のリズムや流れが存在し、自分でチャートの動きを把握することで次の流れを掴むことができるようになります。株式相場が読めなくなった場合は一度、チャートをしっかり読むことで過去の株価から明日の株価を割り出すことができます。

またチャートを確認することで銘柄の株価のトレンドを掴むことができます。

チャートには必ず、ある一定の流れが存在し過去の株価から現在のトレンドを割り出すことで明日の株価のトレンドを把握することができます。

プロの投資家も100%株式の相場を読み切ることは困難です。しかしある程度の予測ができれば、翌日以降の株式相場を把握することができます。

パターンごとに紹介!

相場が読めなくなったときの対処法は二つの分析方法を用い、冷静に再度検討し判断することが求められます。

ここではチャートパターンを用いて相場をもう一度基本的な流れから説明していきます。

チャートパターンは株価の方向性を見極めるためのツールです。

例題にスイングトレードにおける二つの基本的なパターンを取り上げてご紹介します。このパターンは良く日経平均株価などでも見かけるチャートパターンです。インターネットを使い調べれば、すぐにチャートやグラフで過去の株価を調べることができます。

自分なりにチャートパターンを使い株価の予測を行う癖をつけることも大切です。

•株価の流れがそれまでと逆方向に進むパターン (ヘッドアンドショルダートップ)

•勢いよく新たな流れが作り出されるパターン (ボックスパターンを抜けるブレイクアウト)

画像出典元:https://toushi-kyokasho.com/cya-topata-n-2/

この二つの基本形態から今後の株価の流れと方向性が決まります。

株式相場が読めなくなった時は無理せずに株価の方法性が決まってから株の売買をおこなうようにしましょう。

その他のチャートに現れるチャートパターンをご紹介

•流れが逆方法に進むパターン

画像出典元:https://toushi-kyokasho.com/cya-topata-n-2/

ヘッドアンドショルダーズボトム、ソーサーズ ボトム、ダブルボトム、V型ボトムのチャートパターンが存在しています。

•新たな流れを作るチャートパターン

画像出典元:https://toushi-kyokasho.com/cya-topata-n-2/

ボックス(ブレイクアウト)、ベナント(三角持ち合い)、ウェッジ(上離れ)などがあります。

これらの基本形態のチャートパターンをもう一度、見直すことで株式相場が読めなくなったときに参考になります。株式投資では自分なりの投資ルールを作成しそれに沿って取引を行います。

株式相場が読めなくなった原因を見つけ出し基本スタイルからもう一度、株式相場を読み直すことが必要になります。

まとめ

投資の世界では常に価格の相場を見極めることが求められています。

令和時代が訪れ中々、株式相場も読みづらくなってきていますが、過去のパターンを知っていればそれほど驚くような流れではありません。

私は元号が変わる際の株式相場の流れやパターンを予め、調べています。

現在の株式相場は昭和や平成が始まるときと同じような株式相場が続いています。時代と共に株価は同じではないですが、基本パターンが実際に存在していました。

自分で株式相場が読めなくなったときは過去のデータを調べ、その時の相場を把握することで同じようなパターンが予め想定することができます。また、チャートが読めない方は資料を参考に基本波形から株価がどのように動くか調べておくと役立ちます。

友達追加をしてもらえると、様々な投資案件を紹介させてもらったり、投資に対する考え方、私の日常なども配信をさせて頂いております!

良かったら追加してみてください!

FX自動売買ツールの受け取りはこちらから!

LINE友達追加で、月利30%を目指せるFXの自動売買ツールを無料配布中!

☆詳細が気になる方はコチラ☆